TOYOTA BIG AIR 2014 TOYOTA BIG AIR 2014

2014年2月22日(土)~23日(日)札幌ドーム

ABOUT- 開催概要 -

TOYOTA BIG AIR 2014 Rules

競技全般
競技種目
ストレートジャンプ
カテゴリー
インビテーショナル
日程
2014年2月22日(土)(日本人最終予選)
2014年2月23日(日)(本戦)
場所
札幌ドーム(札幌市豊平区羊ケ丘1番地)
ジャッジ
採点は全体を統括する「ヘッドジャッジ」1名と採点を行う「フリースタイルジャッジ」3名で行われる。3名のフリースタイルジャッジが点数を採点し、ヘッドジャッジがジャッジングチームとジャッジングポイントの監督及び監修を行う。
採点方法
1本のエアをジャッジ1名毎に100点満点で採点する。得点は3人のジャッジの採点の平均点とし、小数点第2位を四捨五入したスコアとする。よって、1本のエアの最高得点は100.0点満点となる。各ラウンドのリザルトは、ベストポイントカウント方式で決定する。
採点基準
採点は各ジャッジによる以下2点を含んだオーバオールインプレッションにて行われる。ヘッドジャッジがその判断基準の確認、統括を行う。
A)エアの「空中姿勢(高さや距離、難易度、完成度等)」
B)「着地姿勢」
日本人予選最終予選
・最終予選は1選手2本のエアによって構成される。
・競技は1選手2本のエアによるベストポイントカウント方式とする。ポイントの高いほうが採用となる。
・各選手は2本のエアを行わなくてはならない。
本戦について
本戦は、クオリフィケーション、セミファイナル、ファイナルの3ラウンドで構成される。

■各ラウンドの共通ルール
・各ラウンドは2本のエアによって構成される。
・1本目を棄権した者は2本目を出走することは出来ない。
・2本のエアのうち、高得点を採用するベストポイントカウント方式によって行われる。

■クオリフィケーションラウンド
1位から8位タイまでが、セミファイナルへ進出する。
セミファイナルに進出できなかった選手はクオリフィケーションラウンドの結果に従い順位される。

■セミファイナルラウンド
1位から4位タイまでが、ファイナルに進出する。
ファイナルに進出できなかった選手はセミファイナルの結果に従い順位される。

■ファイナルラウンド
順位は得点の高い順番とする。同点は1位を除き同順位とし、ビブ番号の小さいほうが上に表記される。
1位タイが発生した場合はプレイオフ1本を行い優勝者を決定する。
主催
HTB
特別協賛
TOYOTA
協賛
  • GoPro
  • サッポロビール
  • マイナビ
  • モンスターエナジー
  • グッドイヤー
  • ジェームス
  • シャープ
  • DTS JAPAN
  • 日清食品
  • ムラサキスポーツ
  • 朝日新聞
協力
  • JAL
  • 札幌ドーム
  • 札幌市交通局
ページの先頭に戻る